前へ
次へ

接骨院と整体院の違いについて

肩こりや首が回らないなどと言ったとき、マッサージを施術してくれる場所に行くか、接骨院に行くか迷ってしまいます。
マッサージ、接骨院、整体院、整骨院など似たような名前があります。
はたしてこれらは同じものなのか違うものなのか考えてみます。
まず、接骨院と整骨院は同じものです。
経営者によって接骨院だと痛みを伴うといったイメージをなくすために整骨院を名乗る場合が多いようです。
接骨院は正式には柔道整復師と呼ばれる国家資格です。
いわゆる骨接ぎと呼ばれるものです。
具体的には、骨や関節、じん帯などに発生した事故、具体的には骨折、脱臼、捻挫などに対する施術です。
接骨院は柔道整復師の資格を持つ人にしか名乗れません。
一般的には健康保険の適用があると言えるでしょう。
これに対し、整体院は名称に関する規定はありません。
また、資格も国家資格ではなく民間資格です。
ですから、健康保険の適用はありません。
一般的には整体やカイロプラクティックなどの民間資格を用い、骨盤や肩甲骨、背骨など、身体全体の関節の歪みやずれを矯正する施術です。
とは言っても、法律での明確な定義がないため、資格や専門知識の有無に関係なく整骨院を名乗る場合があります。

Page Top